ブログ
- ホットクレンジングと美容鍼 -
4月 26, 2017 1:34 pm

 

 

 

 

ホットクレンジングって何?

 

 

 

最近、クレンジングの中でも

注目を集めているホットクレンジング。

 

 

 

 

 

 

手に乗せただけでは普通のジェル状のクレンジングですが、

手で伸ばすことによって発熱作用のある成分が反応して、

 

 

ぬるま湯程度の温感を感じられるようになっています。

 

 

 

 

 

ではなぜ温めながらクレンジングをすることが、

肌に良いのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

今回は、ホットクレンジングを使う際の

メリットや注意点について考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ホットクレンジングのメリット

 

 

・毛穴を柔らかくできる

 

温感作用により

皮膚を柔らかくすることができるので、

 

 

毛穴に詰まった皮脂や汚れを

浮かせやすくなります。

 

 

 

 

 

朝の洗顔の前に

ホットタオルなどで温めるのも効果的ですが、

 

ホットクレンジングは温めながら洗顔ができるので、

一石二鳥とも言えますね。

 

 

 

 

・潤いを残しながら洗顔できる

 

洗浄力の強さに頼って洗うよりも、

温めて汚れを浮かせることで、

 

肌の表面に必要な角質層を残して

洗顔をすることができます。

 

そのため洗い上がりのツッパリ感が少なく、

洗顔しながら潤いを保つことに繋がると考えられます。

 

 

 

 

 

・洗顔後の保湿成分が浸み込みやすくなる

 

 

毛穴が柔らかくなっている間に

化粧水などの保湿を行うことで、

保湿成分が浸透しやすくなります。

 

 

スチーマーなどで温めながら保湿する

特別なケアを毎日行うのは大変なので、

 

 

クレンジングの後に

保湿が効率良くできると

日々のお手入れも楽になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

・肌への摩擦が少ない

 

クレンジングの際に、

なかなか汚れが落ちなくて

ごしごし擦ってしまうことはありませんか?

 

 

 

 

 

いくら高価な化粧水や美容液などでお手入れをしても、

毎日の洗顔で肌に負荷がかかっていると、

 

 

水分を保持できる角質層が傷ついて

潤いを保つことができなくなります。

 

 

 

 

 

 

ただし、注意点も…

 

 

 

 

 

ホットクレンジングを使う際は、

必ず乾いた手にクレンジング済を乗せるようにしましょう。

 

 

 

水分と混じると

ジェルとメイクが馴染みにくくなってしまいます。

 

 

 

また、クレンジング済が少なすぎると、

顔全体に伸ばし切れず

メイクが残ってしまうことがあります。

 

 

 

 

 

汚れが残っていると

色素沈着を起こし肌がくすんでしまったり、

 

 

汚れが毛穴を塞いで

吹き出物の原因にもなりますので、

適量を守ることも大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では、

 

全身のバランス整体から

アンチエイジングに適した美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

 

 

 

 

 

美容鍼について気になる方は

コチラの詳細をご覧いただき、

 

 

お気軽にお問合せくださいませ。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket