ブログ
- 白湯と美容鍼 -
3月 28, 2017 4:54 pm

 

 

 

 

 

 

水分を効果的に摂る

 

 

 

 

アンチエイジングの効果を謳う

化粧品は巷に溢れています。

 

 

 

 

 

今では安価なものから

高価なものまで

その効果は目を見張る進化を遂げていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

特に基礎化粧品は肌に合うもの、

余計な添加物の入っていないものを

選ぶことがとても重要です。

 

 

 

 

 

 

では皆さんは、

 

肌から吸収するもの以外に

普段アンチエイジングを意識した

水分摂取を心がけていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

一日の中で水を1.5ℓ~2ℓを飲んだ方が

老廃物を流しやすいと言われるようになって、

 

 

 

仕事やスポーツをしている時に

意識的に水を飲むようにしている方は

とても多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし体温より冷たい水を飲むことで、

 

実は体を冷やすことになっている場合もある

ということに注目していただきたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、

昔から飲まれてきた白湯の

 

驚くべき効果について触れていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白湯の嬉しい効果

 

 

 

・ 冷え性の改善

 

温かい飲み物なら

 

コーヒーなどどんな飲み物でも良いのではないか?

と思われがちですが、

 

 

体内の組織液に取り込まれやすいという観点から考えると、

 

白湯は体に負担をかけずに

体内を循環することができるので、

 

 

 

飲み始めてすぐに

体が温かくなるのを感じることができます。

 

 

 

 

内臓を温めて冷え性を改善することで、

全身への血行を促し、

血色の明るいくすみを感じさせない

肌の透明感を得ることに繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

・ ダイエット効果

 

 

寝起きの一杯目の白湯は

特に大切な水分補給です。

 

 

 

寝ている間に排出された

汗の水分を補うとともに、

 

 

排便に必要な水分を

 

腸や大腸に行き渡らせることで

快便のお手伝いができるようになります。

 

 

 

 

余分な便を腸内から追い出し、

正常に消化活動ができるようになれば、

代謝も上がり

むくみの解消にも一役買ってくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

・ 美肌効果

 

冷え性を改善し、

腸が健康になると、

肌の隅々まで

 

ターンオーバーに必要な栄養素が

行き渡ることになるので、

 

潤いがあり

キメの整った肌を

手にいれることに繋がります。

 

 

 

ここで気をつけていただきたいのは、

 

白湯を飲めば美肌効果が得られるということではなく、

質の良い睡眠やバランスの良い食生活などを

怠ってはいけないということです。

 

 

 

 

 

 

せっかくの白湯の効果を損なわないように、

美肌を意識した日常生活を送りたいものですね!

 

 

 

 

 

白湯の作り方

 

やかんに水を入れて沸かします。

 

沸騰したら蓋を取ってさらに5分~10分沸かし続けます

 

 

火を止めたら50~60度に冷ませば完成です

 

 

 

 

 

 

ゆっくり体内に行き渡るイメージで飲みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

組織液に取り込まれやすいので、

飲み過ぎるとむくみの原因にもなります。

 

 

まずは寝起きの1杯から始めましょう。

 

 

 

体調によって同じ白湯でも味の感じ方に変化があるため、

自分の体調を知るバロメーターにもなりますね。

 

 

 

急いでいる時は電子レンジで温めて作ることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

 

 

 

 

 

内側からも外側からも

美容にアプローチすることで、

美容鍼の効果も長持ちします。

 

 

 

 

 

美容鍼について気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket