ブログ
- ターンオーバーと美容鍼 -
3月 20, 2017 1:06 pm

 

 

 

 

肌のしくみ

 

 

 

常に入れ替わっている私たちの細胞。

 

 

 

 

 

 

入れ替わりながら、

 

臓器や器官などは

 

体を健康に保つように機能し、

 

表面の肌は外敵刺激から守るように

日夜戦っています。

 

 

 

 

 

 

 

戦いの最前線にいるのは

 

肌の基底層で作られた表皮細胞が

角質層まで押し上げられる過程でできた細胞たちで、

 

 

外敵刺激と戦った後は

垢となって剥がれ落ちていきます。

 

 

 

 

 

 

このように、

基底層では赤ちゃんだった細胞が、

 

有棘層、顆粒層と段階を経て大人になり、

 

 

角質層から剥がれ落ちて死ぬまでのサイクルを

 

 

ターンオーバーと呼び、

 

 

理想は28日の周期だと言われていますね。

 

 

 

 

 

 

 

ターンオーバーの周期

 

 

ターンオーバーの周期が早過ぎると、

 

外敵ストレスと戦うには

未熟な細胞たちを最前線へ送ることになり、

 

少しの刺激にも耐えられず

炎症を起こしやすくなります。

 

 

 

 

いわゆる敏感肌はこの状態で、

 

戦力不足の肌の表面が花粉や紫外線・

 

その他の刺激に晒された時に

トラブルを起こしやすいと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

ターンオーバーの周期が早い原因として考えられるのは、

 

角質層を無理にはがすことに繋がるような行為です。

 

 

 

 

例えば、

こすり過ぎや洗い過ぎにより、

 

本来はまだ肌に留まっていても

良い細胞をはがしてしまっているケースです。

 

 

 

 

 

そのような場合は、

 

朝の洗顔をぬるま湯で丁寧に洗うだけにする、

 

ピーリングの期間を開けるなどの

ワンポイントで改善に繋がることもあります。

 

 

 

 

 

敏感肌なのにベタつきやすいという方は、

 

肌のバリア機能をカバーするように

油分がどんどん分泌されている状態と言えますので、

 

まずは角質層に長く留まらせることを意識してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

そして十分な保湿により

角質層の細胞を整えることで、

 

次に基底層から生まれてくる細胞が

十分に鍛錬されてから表皮まで出て来られるようになり、

 

ターンオーバーの周期が整うようになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ターンオーバーの周期を整えた後は

 

 

せっかくターンオーバーの周期が整っても、

次に生まれてくる細胞が

栄養不足やコラーゲン不足などの問題を抱えていると、

 

また肌の表面に出てくる頃に

トラブルを引き起こすことになり兼ねません。

 

 

 

 

 

 

肌のお手入れと同時に、

質の良い睡眠や栄養バランスの良い食事などに気をつけて

健康的な美肌を手に入れたいですよね。

 

 

 

 

 

 

そして内側からも外側からも

美しく若々しくいられるのが理想的です。

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では、

 

お客様ひとり一人のお悩みに応じた

美容鍼の施術を行っております。

 

 

 

 

美容鍼について気になる方は

コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket