ブログ
- アンチエイジング効果のあるツボと美容鍼 -
3月 16, 2017 12:50 pm

 

 

 

ツボの効能

 

 

 

ツボとは東洋医学で言うところの、

 

「気」「血」「水」の通り道であり、

 

ツボを刺激するということは

 

そこを通るそれらのバランスを

調整するという意味があります。

 

 

 

 

 

 

ツボを刺激することで

ホルモンバランスが整うと言われていますが、

 

厳密に言うと、

 

ツボを刺激して「気」「血」「水」の循環を

良好に調整されたという情報が

脳に届くことで、

 

 

身体の器官を良好に保つために

必要なホルモンが分泌される

という関係があるのです。

 

 

 

 

 

 

ツボの中には

自分でも刺激できる場所もありますので、

 

 

テレビを見ている時や

電車に乗っている時など

 

 

空いた時間を上手に活用して、

美肌に近づくツボ押しを心がけてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

・ 百会(ひゃくえ)

両耳の上部先端と眉間の中心を繋いだ点に位置しており、

頭頂のほぼ真ん中が目安です。

 

全ての神経が集結している場所であり

万能に良いとされていますが、

 

特に目の疲れや鼻づまり、

頭痛、髪の毛の悩み、

血行不良、精神的な不調などに効果的です。

 

 

 

 

 

・ 合谷(ごうこく)

親指と人差し指が交わる骨にあるくぼみに位置しており、

わずかに人差し指側にあるツボです。

 

谷と呼ばれているのは、

「気」「血」「水」の関所のような役割を果たしているからであり、

溝・池・渓・谷という順番に大きくなる関所の中でも

最大手ということになりますね。

 

腸と大変繋がりの深いツボで、

その効果は吹き出物や肌荒れの改善、

アレルギー性鼻炎の改善、

胃痛・下痢・便秘の改善など多岐に渡ります。

 

 

 

 

 

 

・ 額中(がくちゅう)

その名前の通り、額の真ん中にあるツボです。

髪の毛の生え際と眉毛のちょうど中間地点の高さにあります。

眼精疲労を和らげる効果があり、

そのために目の周りのシワと

おでこのシワの改善が期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

・ 燕口(えんこう)

左右の唇の両端にあるツボで、

口の周りのシワの改善に効果が期待できます。

 

 

 

 

 

 

・ 救後(きゅうご)

目の下の骨のくぼみに沿って、

目尻から3分の1の場所に位置しています。

 

リフトアップの効果があり、

目の下のたるみと小じわなどの改善が期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

肌の外側からツボを刺激することで、

美肌やアンチエイジング効果が期待できますが、

美容鍼による施術で

 

皮膚の奥や筋肉に直接アプローチすることも可能となります。

 

美容鍼について気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket