ブログ
- 美容鍼とボトックス -
3月 6, 2017 3:30 pm

 

 

 

 

 

ボトックスとは

 

 

 

美容外科などで行われている

しわ取りの施術として、

 

「ボトックス」があります。

 

 

 

 

 

これは、

 

ボツリヌス菌という毒素を

局所に注射する施術で、

 

 

顔のシワ取りのために

よく処方される施術です。

 

 

 

 

 

メカニズムとしては、

 

注射したボツリヌス毒素が、

 

運動神経と筋肉に作用して

筋肉の過剰な動きを止めたりします。

 

 

 

 

 

 

局所的に筋肉の動きを弱めることで

表情筋の動きの癖を防ぎ、

シワができるのを予防するのです。

 

 

 

 

 

 

これが、

 

「ボトックス」や

 

「ボツリヌス治療」と言われるものです。

 

 

 

 

 

顔の表情ジワのアンチエイジング

 

 

 

顔の代表的な表情ジワと言えば、

まず目立つのが、

「眉間のシワ」です。

 

 

 

 

 

眉間にシワがよっていると、

怒っているように見えたり、

不機嫌そうに見えたり、

人にあまり良い印象は与えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

眉間のシワのもとになっているのが、

 

眉と眉のまさに間にある

 

「鼻根筋(びこんきん)」

という筋肉です。

 

 

 

 

 

 

次に目立つ表情ジワは、

 

「目尻のシワ」です。

 

 

 

 

目尻のシワに関連しているのが、

 

「眼輪筋(がんりんきん)」です。

 

 

 

 

 

 

口角のまわりの筋肉が下がってくると、

ほうれい線が深く刻まれてしまいます。

 

 

 

 

 

顔の表情ジワを、

なんとか目立たなくしたい、

そんな思いで

ボツリヌス治療をするのですが、

 

 

もともとは、

 

ボツリヌス治療というものは、

 

病気の治療から始まっています。

 

 

 

 

 

 

 

その歴史は長く、

25年以上も前から

行われている治療です。

 

 

 

 

ボツリヌス菌が

 

筋肉の運動を抑制する作用があることから、

その毒素を分解・精製して

薬剤として作られました。

 

 

 

 

 

その薬剤は、

 

当初、

斜視や眼瞼けいれん、

小児脳性麻痺患者の

治療に使われました。

 

 

 

 

 

 

 

やがて、

アンチエイジングの目的で、

眉間のシワや

目尻のシワ等に

投与される事例が増えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

今では、

すっかり美容目的の

アンチエイジング治療の

施術として認知度が高まり、

広く使われるようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

ボツリヌス注射をした当日から

2~3日後から徐々に効果が現れ、

3~4カ月程度、

効果が持続します。

 

 

 

 

 

 

ただ、

薬である以上、

副作用もないわけではありません。

 

 

 

 

 

 

個人差がありますが、

筋肉の活動が抑えられることで、

眉毛下垂や眼瞼下垂などが

起こることがあります。

 

 

 

 

このような副作用は、

1カ月程度で症状が

消えることがほとんどですが、

 

 

医師と相談の上、

量の調節をしてもらうと良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

美容目的のボツリヌス治療は、

 

保険適用外のため、

自費負担による

自由診療となりますので、

 

あらかじめ了承の上で

治療を受けることななります。

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

 

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

 

 

 

 

 

美容鍼について、

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket