ブログ
- ビタミンCと美容鍼 -
2月 16, 2017 5:03 pm

 

美肌作りに欠かせないビタミンC

 

 

 

健康な体を維持するために

欠かせない皆さんもご存じのビタミンC。

 

 

 

美肌を作るためにも

もちろん欠かせない栄養素の一つですね。

 

 

 

ビタミンCの役割は幅広く、

抗酸化作用、抗菌作用、抗ストレス作用、

そして忘れてはならない

コラーゲンの生成に深く関わっています。

 

 

 

 

皮膚や髪の毛、爪、筋肉、臓器などの細胞が

新しく生成されるために必要な栄養素は主にタンパク質です。

 

 

 

タンパク質だけを摂取していれば

それぞれの細胞が勝手に作り出されるわけではなく、

ビタミン類やミネラルなどの助けがなければ

生き生きと形の整った細胞として

生まれ変わることができないのです。

 

 

 

 

今回は、その中でも体に貯めておくことのできない

 

ビタミンCの摂り方についてお話ししたいと思います。

 

 

 

 

ビタミンCの摂り方

 

①    三食ごとに毎回摂取する

 

ビタミンCは水溶性で、

一度体内に取り込んでも

必要な分を使ったらあとは排出されてしまいます。

 

一日に必要なビタミンCの量は

最低でも100㎎と言われています。

 

生命の維持に必要な心臓や脳といった主要な臓器へ

優先的に回されてしまうので、

肌に行き渡るようにするとなると、

かなりこまめに摂取することが大事になってきます。

 

 

 

 

②    ビタミンCは熱に弱い

 

食品100グラムに対して

ビタミンCを多く含有していて、

尚且つ私たちの身近にある食品は・・・

 

実はパプリカです。

 

 

 

 

続いてパセリ、キャベツ、ピーマン、モロヘイヤ、ブロッコリーなどが挙げられます。

 

 

 

 

これらの食品に含まれるビタミンCは

加熱すると壊れやすく、

効率よく摂取することができなくなるので、

できれば生野菜として食べるのが好ましいです。

 

 

 

もし加熱するとしても、

30秒程度にとどめ、ビタミンCが壊れる前に

調理することがポイントになります。

 

 

 

 

ビタミンCと聞くとついついレモンをはじめとした

フルーツを思い浮かべてしまうのですが、

これはきっと飲み物として使いやすい側面があるからなのでしょう。

 

 

 

 

③    例外的に熱に強いビタミンC

 

ジャガイモ、サツマイモに含まれるビタミンCは

デンプンに守られているので加熱にも強いことがわかってきました。

 

またゴーヤに含まれるビタミンCは

分厚い皮に守られているため加熱調理にも適しています。

 

 

飲み物ではローズヒップティーがおすすめです。

 

 

 

 

 

ビタミンCで美肌力アップ

 

紫外線を浴びた後のメラニンの生成を抑えて、

肌細胞のコラーゲンを保つお手伝いをしてくれるビタミンC。

 

 

加熱に弱いので生野菜のサラダで

食べることがメインになりがちですが、

 

生野菜には体を冷やす側面もあるので

食べ方にも気をつけましょう。

 

 

 

 

例えば朝と昼はサラダ、

夜はイモ類を使った煮物・・・といったように

食材や調理方法、

 

食べるタイミングを自分なりにコントロールできると

 

より効果的ですね。

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では、

アンチエイジングを目的とした美容鍼や

全身のバランスに着目したバランス整体おります。

 

 

 

体や肌のお悩みに

内側からも外側からもアプローチできるよう、

バックアップさせていただきます。

 

 

 

 

まずはお気軽にお問合せくださいね。

 

 

 

気になる方は是非コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket