ブログ
- 美容鍼と煙草 -
1月 29, 2017 10:36 am

喫煙と美肌

 

 

・煙草を吸うと癌になる確率が高くなる。

 

・煙草が発する副流煙によって

煙草を吸わない人にも受動喫煙の危険性がある。

 

 

これらのことは、

既によく知られていることですよね。

 

 

 

では、

喫煙によって美肌効果が損なわれてしまうとしたら、

どうでしょうか。

 

 

せっかく美容に良いとされる生活を心がけていても、

喫煙によって効果が半減していたらもったいないと思うのではないでしょうか。

 

 

 

 

喫煙がストレス解消であったり、

喫煙スペースが交流の場であったりする環境も否めません。

 

 

 

しかし、喫煙が美肌への道のりを遠ざけていることも

また紛れもない事実なのです。

 

 

 

 

煙草による影響

 

・ビタミンCが失われる

 

一番代表的なものがビタミンCです。

 

ビタミンCは体の中で

貯めておくことのできない栄養素です。

 

煙草を4本吸うと、

1日に必要なビタミンCが消費されてしまうというデータがあります。

 

 

 

ビタミンCはコラーゲンを生成するのに非常に大切な役割を果たしており、

ビタミンCが欠乏すると

美肌の維持に必要なコラーゲンが

不足してしまうことに繋がります。

 

 

 

 

コラーゲンが不足すると

形の整った毛穴を維持できなくなるので、

毛穴のトラブルが多くなります。

 

 

 

 

 

・細胞の老化を早める

人間の体は全て細胞から成り立っています。

 

煙草を吸うことによって、

細胞を老朽化させる活性酸素が多く発生してしまい、

ターンオーバーが正常に行われなくなります。

 

そうなると、シミやシワが沈着しやすくなり、

肌の張りが失われてたるみが目立つようになります。

 

 

 

・黒ずむ

煙草に含まれるタールという成分が

毛穴に付着し肌がくすんで見えます。

 

またビタミンCの欠乏により

紫外線を防ぎきれなくなるため、

日焼けしやすくなります。

 

結果的に、肌自体が黒ずんだ状態になってしまうのです。

 

 

 

・血行不良になる

ニコチンは血管を収縮させる働きがあります。

 

血行不良になると体中に必要な酸素や栄養が行き渡らなくなり、

艶やかな美肌が損なわれます。

 

また脳が酸欠になると片頭痛の原因にもなるので、

血色が悪くなること以外にも体の不調を引き起こすことになります。

 

 

 

 

・水分不足になる

煙草には利尿作用があるので、

必要な水分まで失われてしまう危険性があります。

 

人間の体は60~70%が水でできているので、

水分が不足すると血液がドロドロになり

肌だけでなく内臓への悪影響も考えられるのです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

健康的な食生活、質の良い睡眠、適度な運動。

 

 

これらの生活習慣をより効率良く肌へ還元させるために、

できれば喫煙は控えたいものです。

 

しかし嗜好品と呼ばれる類のものは、そ

れを楽しみにすることで良好な精神状態を保っている

という側面も大いにあります。

 

 

煙草による肌への大きなダメージを理解した上で、

美肌に繋がる生活を心がけたいものです。

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

アンチエイジングを目的とした美容鍼を行っております。

 

 

 

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket