ブログ
- 二重あごと美容鍼 -
1月 7, 2017 6:08 pm

 

あまり知られていないだけで、

華奢で小顔の芸能人でも

二重あごになる方はいらっしゃいます。

 

 

 

 

壁に背面をピッタリつけて立ち、

あごを引いてたるみが出たら

それはもう二重あご予備軍なのです。

 

 

 

昔よりも簡単に食べられるものが増えて

あごの発達が未熟な若年層が増えたことは

世に知られていますが、

実は若い方の二重あごも増加傾向にあります。

 

 

 

 

 

二重あごの正体

 

 

たるみを掴んでみると、

なんとなくぶよぶよして

脂肪が溜まっているかのように見えますが、

二重あごの正体はむくんで溜まった水分です。

 

 

 

 

噛む回数が少ないとあごの筋力が低下し、

その周りのリンパの流れが滞り、

老廃物が溜まりやすくなります。

 

 

 

特にあごのまわりは

病原菌の侵入を防ぐために

リンパ管が張り巡らされているので、

 

そこへどんどんむくみの元である水分が溜まってしまい、

常に二重あごが解消されないままになってしまうのです。

 

 

 

体は細いのにむくみやすいという方は

体の各所でこの現象が起こっているとも言えますね。

 

 

 

 

二重あごを解消するには

 

 

 

解決方法①

表情筋のエクササイズが効果的です。

 

ひょっとこのように口をすぼめたり、

最大限に口を大きく広げたりするだけでも良いので、

毎日の積み重ねが大切です。

 

 

 

デスクワークをしながらでも意識的に表情筋を動かして、

普段使われていない筋肉を起こしましょう。

 

 

 

 

表情筋のエクササイズは

シワやたるみにも効果が期待できるので一石二鳥です!

 

 

 

解決方法②

リンパマッサージをしましょう。

 

耳の後ろから肩、

鎖骨の内側から外側に向かって

老廃物を流していきます。

 

この時に耳を揉みほぐすことも忘れないようにしましょう。

 

耳の周りにもリンパ節があるので

顔周りの血液循環を向上させておくと、

肌の血色も良くなり透明感アップにもつながります。

 

 

 

解決方法③

ガムを噛むのも咀嚼回数を増やすことにつながります。

 

 

食事中だけでは使いきれていないあごの筋肉を、

食後にガム噛むことで補うことも可能なのです。

 

 

ただし、空腹時にガムを噛むと

食べ物のない状態で胃液が分泌され、

 

胃が荒れてしまうことがありますので気をつけましょう。

 

 

 

 

解決方法④

足に負担のかかる靴をはいていませんか?

 

ヒールが高過ぎたり、

足に合っていない靴をはいていると、

姿勢が悪くなり、肩や腰がこってしまいます。

 

せっかくリンパマッサージやエクササイズをしても

肩や腰で血行が悪化していると老廃物は排出されていきません。

 

 

 

この全身の血行不良も二重あごが解消されない要因となります。

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院でも、

 

 

お客様のお悩みに応じたアンチエイジング美容鍼を行っております。

 

 

 

美容鍼ではエクササイズやマッサージでは届かないポイントにも

的確にアプローチすることが可能です。

 

 

 

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket