ブログ
- 眉毛の位置と美容鍼 -
1月 3, 2017 5:00 pm

 

人の顔は、輪郭や鼻の形、

目や口だけで変わるのではありません。

 

 

 

実は、眉毛の位置でも大きく変化するのを知っていましたか?

 

 

 

 

例えば、彫りの深い外国の方の顔を見ると

「目と眉毛の位置」が近く、

とてもきれいな顔立ちに見えます。

 

 

 

しかし、日本人は年齢と共に

目と眉毛の位置が離れていってしまいます。

 

 

 

でも本当に目と眉毛の位置は

歳とともに変化するものなのでしょうか?

 

 

 

瞼の筋肉

 

目の周りには

目を取り囲むようにして

円形の筋肉がついています。

 

 

これは眼輪筋と呼ばれ、

主に目を開け閉めする時に使います。

 

 

 

 

この筋肉が衰えると、

目元がたるんだり、

くっきり二重だったのが一重になったりと

老化を感じる要因になります。

 

 

 

 

目は毎日使う場所なのに、

筋肉が衰えるというのはなんだか不思議な気がします。

 

 

 

が、使うことと

鍛えることは全く別の意味になるのです。

 

 

 

例えば、陸上選手がただ歩いているだけでは

競技に必要な足の筋肉は鍛えられないですよね。

 

 

 

眉毛の筋肉

 

眉毛にも筋肉はあります。

 

 

 

正確に指し示すと、

眉毛の下の筋肉です。

 

 

 

この皺眉筋は主に目を細めたり

眉間に皺を寄せたり

表情を動かす時に使われます。

 

 

 

この筋肉、日頃から額の皮膚を支えているので

実はとてもこりやすい場所なのです。

 

 

 

皺眉筋がこると、

その周りに老廃物が溜まりやすくなり、

眉毛が盛り上がったり瞼がむくみやすくなったりします。

 

 

 

 

目と眉毛が離れていくのは何故なのか

 

これにもちゃんと理由があります。

 

 

 

目の周りの筋肉が衰えると、

目を開け閉めする時にだんだん眉毛の下の筋肉や

おでこの筋肉でもって引っ張り上げるようになるからです。

 

 

ということは、くっきりとした目元の張りが失われ、

瞼が重たくなり、眉毛だけがどんどん上に上がっていき

老け顔に見えるという悪循環が起こり得るのです。

 

 

 

瞼は鍛えて眉毛はほぐす!

 

瞼の筋肉、

眼輪筋は簡単な顔面エクササイズでも鍛えることができます。

 

 

 

まずは瞼を5秒間ぎゅーっとつむり、かっと見開く。

 

 

 

これを5秒間ずつ毎日続けてみることから始めてみましょう。

 

 

 

 

あまりやり過ぎると皺の原因になってしまうので、

一日に一回普段とは違う筋肉の動きをしてみるという心がけが大切です。

 

 

 

他にも寄り目をしたり、

顔を動かさずに眼球だけを色々な方向に動かしてみる

といったエクササイズも効果が期待できます。

 

 

 

 

そして眉毛はなるべく揉みほぐすようにして、

こっていない状態を保つことが理想的です。

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院でも、

 

 

短時間で即効性の見込める

アンチエイジング美容鍼を行っております。

 

 

 

 

美容鍼では

エクササイズやマッサージでは届かないポイントにも

的確にアプローチすることが可能です。

 

 

 

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket