ブログ
- 美容鍼でたるみを撃退 -
12月 25, 2016 4:34 pm

たるみの原因とは?

 

顔のたるみは、加齢によって起きると言われていますが、

具体的にどのような事が原因なのか

イマイチ理解していない人も多くいます。

 

 

 

今回は、たるみの主な原因について紹介します。

 

 

たるみの原因①肌の弾力の低下

 

まず1つ目に肌の弾力の低下が原因だと言われています。

 

肌の弾力は紫外線、

栄養バランスの偏り、

寝不足、

乾燥、

加齢などによって低下していきます。

 

 

特に紫外線はコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生成してくれる線維芽細胞(せんいがさいぼう)に

ダメージを与えて生成量を減らしてしまいますし、

栄養バランスは偏ってしまうと、

その線維芽細胞に栄養がいきわたらなくなってしまい

肌の弾力やハリが失われてしまう原因となります。

 

 

睡眠不足についても、

肌は眠っている間に日中受けたダメージなどの修復をするため

十分な睡眠が取れていないとそれもたるみの原因となってしまいます。

 

 

 

たるみの原因②表情筋や深層筋の衰え

 

2つ目に表情筋や深層筋の衰えです。

 

 

顔には2種類の筋肉があって、

それぞれ表情筋と深層筋と言われています。

 

 

表情筋は皮膚の下にある筋肉で表情を作るときに必要になり、

深層筋は骨に付いている筋肉で表情筋を支えていたり、

顔全体に血液を送り出したりしている筋肉です。

 

 

この2種類の筋肉が衰えると、

顔にある皮膚や脂肪を支えられなくなってしまったり、

肌に栄養が十分にいきわたらなくなったりしてしまいます。

 

 

 

たるみの原因③姿勢の悪さ

 

3つ目に姿勢の悪さです。

 

 

特に猫背などは顔を前に突き出すような姿勢をとってしまいます。

 

 

 

このような姿勢を取り続けると

首の後ろが縮んで首の前部分が伸びるため、

頬が下に引っ張られてたるみが生まれてしまいます。

 

 

 

たるみに美容鍼が効果的な理由

 

たるみがある部分に鍼で直接微細な傷を付けると、

肌の細胞や筋肉が傷を付けた部分を治そうと自然治癒力を働かせます。

 

 

 

そうすると、血流を促進し、

筋力をあげて凝り固まった筋肉をほぐしてくれるとともに、

コラーゲンやエラスチンの生産も促してくれます。

 

 

 

コラーゲンやエラスチンは増加すると

皮膚などを引き締めてくれるので、

たるみを解消するにあたって効果的です。

 

 

 

だいたいどの位効果が持つのか?

 

個人差や日頃の生活習慣などで効果の持続時間は変わってきますが、

たるみ・しわなどのリフトアップができるものだと

施術後すぐ効果を実感する方が多く、

その効果は平均3~4日持続し、

その後ゆっくり元の位置まで戻っていきます。

 

 

そして、10日~2週間経つと完全に元の位置へと戻ってしまいます。

 

 

 

ですが、美容鍼は続ける事によって効果を上げることもできますし、

持続時間を延ばすこともできます。

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院でも美容鍼の施術を行っております。

気になる方はコチラをご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket